朝日酸素商会

ガスについて知ろう

ガス太とヒロシ
ガス太

こんにちは。わたし、あさひSUNです。

ヒロシ

僕は友達のヒロシです。
あさひSUN、今日はガスについて教えてくれるんだよね?

ガス太

うん。そもそもガスというと、どういうものを思い浮かべる?

ヒロシ

お家に定期的に来ているガス屋さんを思い浮かべるね。
あとは、浮かんでる風船の中のガスとか?

ガス太

そうだね。でも、酸素や水素などもガスっていうんだよ。

ヒロシ

え?そうなんだ。

ガス太

うん。ガスっていうのは、地球上のあらゆる場所に存在する、
生命が生きていくために必須のものなんだよ。

ヒロシ

そうなんだね。じゃあ、ガスの種類ってどんなものが
あるの?

ガス太

酸素、炭酸、窒素、アルゴン、水素、ヘリウム、天然ガス、
アンモニア、フロン、LPガス(プロパン)、アセチレン…

ヒロシ

そんなにたくさんの種類があるんだね。
でも、何に使うのかイメージができないよ。

ガス太

じゃあ、どんな種類があって、どんなことに使うのかを
一部教えてあげるね。

★お風呂の湯沸かし・料理
⇒天然ガス、プロパン(燃焼させる)
★居酒屋のビール
⇒炭酸(泡をつくる)
★病院で手術中に患者が吸う
⇒酸素(生命維持)
★ポテトチップスを長持ちさせる
⇒窒素(酸化を防ぐ)
★エアコン・冷蔵庫を作動させる
⇒フロン(冷媒として熱交換を行う)
★病院でMRIを作動させたり、風船に用いる
⇒ヘリウム(温度を下げて超伝導を起こす)
ガス太

このほかにもたくさんの用途があるんだよ。
詳しくは、「産業ガス」や「医療ガス」のページを見てね。

産業ガス

医療ガス

お問い合わせ