朝日酸素商会

医療ガス

医療用   在宅用   人工呼吸

安全な医療ガスの
使用環境を実現するため

高度な医療に欠かすことのできない医療ガス。

数ある医薬品の中でも医療用ガスはその効能、即効性から重要視され、医薬品として厳重に品質管理されております。

錠剤や注射薬とは違い、設備や機器が常に正しく動作しなければ全く使用することができないので、医療用ガスは設備・供給体制の高度管理が必要とされております。

医療用

医療用酸素
(日本薬局方酸素)
(局方外液体酸素)

説明LGC方式(液体酸素) 124m3 ボンベ方式(気体酸素)
7000L 1500L 500L 300L

用途酸素吸入、人工呼吸器、麻酔器、高気圧酸素治療装置など

二酸化炭素
(日本薬局方二酸
化炭素)

説明ボンベ方式 26.8kg 6.6kg 2.2kg

用途腹腔鏡手術、内視鏡気腹、凍結用

窒素

説明マホービン方式(液体窒素)10L 5L ボンベ方式(気体窒素)
7000L 1500L

用途空圧ドリルの駆動用圧力源、合成空気、インキュベーター、イボ取り

酸化エチレン
(EOG:滅菌ガス)

説明ボンベ方式(10%、20%濃度ともに)30kg 10kg 5kg

用途ほとんどすべての病原性微生物を死滅させる殺菌ガス(滅菌ガス)です。

亜酸化窒素
(笑気ガス)

説明ボンベ方式 30kg、7.5kg、2.5kg

用途全身麻酔、局部麻酔

24時間365日のサポート体制

当社では医療用ガスのサービス体制として、 24時間x365日のフルサポート体制を採用しております。
緊急の設備異常にも昼夜を問わず迅速に対応します。

また、遠隔警報システムにより、病院内の医療ガスの残量、供給設備の状況がチェックできます。
これにより突然のガス切れ事故を防止するとともに、効率的な配送を実現しています。

医療用ガス院内講習会

医療用ガスを安全に取り扱う為には正しい知識とその実践が必要です。
医療ガス安全管理委員会の業務においても『委員会は医療施設内の各部門に医療用ガスに関する知識を普及し、
啓発に努めること』と、されております。 当社ではこれまでも医療用ガスの基礎知識、取り扱いについての院内講習会を実施しており、 これからもこれを継続して現場でのヒヤリハットを1件でも減らすことが責務であると考えております。 <主な講習内容>ボンベのモデルや実際の医療機器を使用し、実物を通してご理解頂きます。 また、講師の派遣、カリキュラムのご相談など、それぞれの医療機関に対応した内容で提供しております。

 

在宅用

在宅酸素療法(HOT)

Home Oxygen therapy(HOT)で日本では在宅酸素療法と言います。
自宅に酸素供給設備を設置し、慢性呼吸不全等、呼吸器疾患の患者様に対し、必要時または24時間酸素の供給を可能にしておりご自宅での療養や、社会復帰を応援しております。
弊社では酸素濃縮器、液体酸素、携帯用酸素ボンベを用意しており、患者様のニーズに合わせた酸素供給を可能にしております。

在宅医療 旅行対応サービス

在宅医療を行なっている患者さまが旅行される際に旅先でも酸素供給を受けることが
できるサービスです。使用機器を問わず日本国内の酸素供給体制を実現しております。

※サービスのご利用については必ず主治医と相談し、体調のチェックを受けて頂きます。
※一部地域でサービスが利用できない場合がございます。

人工呼吸器

在宅持続陽圧呼吸療法用(CPAP)医療機器

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の効果的な治療方法として多くの方が利用されている治療
方法です。睡眠時無呼吸症候群は軌道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる
病気です。

在宅持続陽圧呼吸療法では、鼻や顔にフィットするマスクを介し、気道内に陽圧をかけ、
気道の閉塞を防ぐことにより、無呼吸を取り除く治療法です。 専門医、専門医療機関と
連携しながらより良い睡眠医療に貢献していきます。

非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)・気管切開下陽圧換気療法(TPPV)

弊社では鼻や口にマスクを装着し空気を送り込むNPPVと気管にチューブを挿入し留置することで呼吸の補助を行うTPPVの取り扱いがございます。
このため、患者様の容態に合わせた最適な人工呼吸器を提供することが可能です。

業務内容

採用情報

お問い合わせ