朝日酸素商会

産業ガス

産業を支える底ヂカラ
多様なガスの使い方について
ご紹介いたします。

製造業・鉄鋼・化学・食品・エレクトロニクス・半導体など様々な産業で使用されるガスを供給しています。酸素、窒素、炭酸ガス、LPガスのほか、アセチレン、水素、ヘリウム、アンモニア、混合ガス、高純度ガスなど、お客様のニーズに合わせてお届けいたします。

さまざまなガスの種類

酸素:O2

説明無色・無味・無臭のガスで、空気の約21%(容積比)を占めています。
活性が高く、多くの元素と反応し化合(酸化・燃焼)します。
また、医療用としても必要不可欠な役割を担っております。

用途鉄鋼炉への吹き込み、鋼材の溶接・溶断、排水処理、パルプ漂白など

窒素:N2

説明無色・無味・無臭のガスで、空気の約78%(容積比)を占めています。
常温では化学的に不活性で、他の物と化合することはありません。液化窒素(-196℃)として、超低温活用などの利用もされております。

用途レーザー切断機、半導体製造、パージ用ガス、熱処理、超電導装置、
低温維持、凍結、低温粉砕装置 、食品用封入ガスなど

二酸化炭素:CO2

説明無色・無臭、不燃性のガスで、大気中に約0.03%(容量)程度存在しています。乾いた状態ではほかの物質とほとんど反応しない不活性なガスです。
水に溶けやすく、水溶液は炭酸水となります。溶接用にはシールドガス
として利用されます。

用途鋼材の溶接、清涼飲料水やドライアイス、植物の促成栽培、中和用CO2など

アルゴン:Ar

説明無色・無味・無臭のガスで、空気中にわずか約0.93%しか含まれていません。
高温、高圧でも他の元素と化合しない、きわめて不活性な性質を持っています。

用途鋼材の溶接、照明・ペアガラス封入ガス 、シリコン単結晶製造、レーザー用ガスなど

アセチレン:
C2H2

説明他の可燃性ガスに比べて火焔温度が高く圧縮酸素と併用して金属の溶接、切断に用いられます。

用途鋼材の溶接・溶断、酢酸合成、合成樹脂、合成繊維、合成ゴムの原料

ヘリウム:He

説明無色・無臭・不燃性のガスで、空気より軽く、大気中に約5.2ppm存在
しています。化学的には全く不活性で、通常の状態では他の元素や
化合物と結合しません。
液化されたヘリウムは-268.9℃という極低温で超電導の応用に利用されます。
全量海外からの輸入となっています。

用途超低温冷却、アドバルーン・風船など

水素:H2

説明無色・無味・無臭の極めて高度な着火性の高いガス。
大気中には約0.5PPMしか含まれておりません。また拡散性・還元性に
優れているガスで非常に漏れやすいので、日常的な漏れ検査が必要です

用途半導体加工、液体ロケット燃料、ニッケル水素電池、水素自動車(燃料)

業務内容

採用情報

お問い合わせ